那覇市内を観光しました

那覇市内を観光する場合は、ゆいレールの600円の1日券を買いましょう。
だんぜんお得です!!
2日券だと、1000円です。
首里城,玉陵,識名園や美術館など、主な見どころの入場料が2割引きになります。
その他、特定のお店での割引もあります。
ゆいレールは距離にもよりますが、260円ぐらいなんで2回乗れば元が取れます。
それに日がまたがっても、24時間使えます。
翌日空港に向かうのに、260円かー高いなぁと券売機の前でただずんでいると、もしかしたら昨日買った1日券が使える?
翌日の9時まで有効なんで、この券で空港まで行けました。
首里城,玉陵,識名園の割引など、ものすごい得した気分になりました。

最終日は那覇市内を観光しました。
スケジュールは以下。時間はだいたいです
----------------------------------------------
08:40 ホテルをチェックアウト
    少し重くなった荷物はあずかってもらう
09:00 ゆいレールで首里駅まで移動
    歩いて玉陵(たまうどん)まで20分ぐらい
09:20 玉陵(たまうどん)見学(世界遺産)
10:10 金城町石畳を歩きます
10:40 首里城着
11:00 首里城で公演される琉球舞踊を見学
11:40 首里城見学
12:15 「あしびうな」でランチ
13:20 ゆいレールで県庁前到着
    ここからバスで識名園まで移動
14:00 識名園を見学(世界遺産)
14:50 県庁にバスで戻る
15:10 国際道り,市場とやむちん道りを歩く
16:50 ホテルに戻って、荷物をピックアップして、空港へ
------------------------------------------------

こんなスケジュールでした。

画像11:00から首里城で琉球舞踊があるので、その時間帯に合うように先に周辺を観光しました。
琉球舞踊は、衣装が素敵でした。
よくTVとかでみる、黄色にお花とかの染めものがある着物。
京都とかの着物とは、着方も少し違います。

おしとやかな踊りなんだけど、腕首の使い方がすごいです。
肉厚の手の平が、柔らかく,ゆるく,優しく,ゆっくりと上下に曲がっていきます。
思わずその場であたしも上げ下げしてみましたが、まったく違いますね。。。
訓練のたまものなんだなぁと。

そうそう、沖縄のあの着物を着てガイドに案内してもらっている若いカップルを2組みました。
女性も男性も、沖縄の着物スタイルです。
彼らは新婚旅行なのかな?
こういうハネムーンもああるんだな。きれいでしたよ。
画像

玉陵(たまうどん)という世界遺産ですが、けっして食べるうどんに関係があるわけではありません 。
面白い名前ですね。
うどんの種類?と思ってしまいました。
お墓だそうです。
ミニ展示室で展示を見てから遺跡を見ます。
石組みの塀を見ることができます。
画像

玉陵(たまうどん)を出るときに、「金城町石畳はどこですか?」と聞くと、小さな簡単なメモ風地 図をくれて説明してくれました。
金城町石畳のあとは首里城に行きたいというと、「最後まで坂を下りると上がるのが大変だから、こ こでもどって、こういけばいいですよ。」と。
まったく役に立たないてくてく歩きには、細かい行き方とか見どころが書いてないので、とっても助 かりました。
大きな木とか井戸とか、そういう見どころがあるのは知らなかった。
確かに、最後まで下がると上がるのが大変そうです。
金城町石畳は石畳の急な坂で、沖縄という感じがしました。
画像
「ちゅらさん」でロケをしていた家もありました。
私はみてなかったんで知らなかったけど。
家の前には、「一般の人が住んでますので・・・」みたいな那覇市の看板がありました。

横にそれたところに大きな木が密集している所があって、普段霊感とか全くない私も、この木にはなにかがあるという感じを受けました。
神が宿っているという感じでしょうか。
立派な木です。
何回か木を触って、お願いごともしてきました。
画像

首里城は最近建ったものなんで、こんなもんかなと。世界遺産ですが。
思ったより敷地が小さかったかな。
靴を脱いで、中を見学します。
第2次世界大戦までは、昔からの国宝級の建物の首里城があったそうです。
しかし、指令部をここに置いたのでアメリカに攻撃され、なにもかもが破壊されてしまったそうです 。
と、前日のツアーでバスガイドさんが行っていました。
申し訳ないが、もったいないなと思ってしまった私なのでした。
画像

ランチは、OZの沖縄特集に載ってた「あしびうな」という古民家を利用した沖縄料理レストランに入りました。
首里駅から歩いて、城近くの当蔵の信号を城側に曲がってすぐです。美術大学の前です。
見逃しそうな小さな入口です。
きれいなお庭があって、部屋中とお庭がわのどちらでもご飯をいたたけます。
私はお庭側に。
夏だったら、ここで食べたらもっと気持ちいかな~ それとも熱いかな~
画像

おふチャンプルー定食を頼みました。860円だったかな?
美味しかったです。

そのあと、このまま国際道りに行くか、識名園に行くか迷った。
識名園に行くと、やむちんとかに行く時間なくなりそうだけど、このまま国際道りに行ったら時間余りそ うだし。。。。
結局県庁前に行き、そこからバスで行きました。
5番か2番のバスで行けます。2番のほうが早いらしい。
5番のバスは、琉球銀行本店(かな?)の前から出てます。
画像

画像

ここは池のある大きなお庭があって、建物にも入れます。
しかし、ここの建物も新しい建物です。

そのあとは県庁前に戻り、国際道りへ。
公設市場を探したけどみつからなかったんで、パスしてやむちん道りへ。
やむちん博物館が入口にあるけど、時間ないんでパス。
画像

300mぐらいかな?通りには、やむちん(沖縄の焼き物)のお店が並んでます。
手ごろな値段で気に入ったものがあれば買おうかと、飛行機の時間が気になりつつぶらぶらする。
画像
最初に入ったお店には看板猫がいました。
また、その猫ちゃんの優美なこと!
焼き物の棚を、柔らかに焼き物をよけて歩いて登場してきました。
かわいい~~~
この猫ちゃん、人を嫌がりません。
なでなで、さわさわしてしまいました。

その後何件か入ったけど、これっと言うものがみつからず。
猫ちゃんの店に戻って、魚の絵があるお茶碗を購入しました。
この店の人は若いおにーちゃんで、ちょっとおしゃべりしました。
なんでも、上江洲茂生さんという結構名の知れた作家さんの作品だそうです。
それ聞いて、ちょっとうれしくなってしまいました。
でも、1050円です。この値段なら、普段使いできます。

帰り道、公設市場を発見。
結構時間も気になってきたけど、せっかくなんでちょっとだけと思って中に入る。
観光客が多いらしく、お土産もたくさん売ってました。
上に上がると、食堂もあります。
観光客相手になってしまってあんまりおいしくないという事も聞きますが、こういう所でも食べてみたいです。

2Fで黒砂糖を売っていたので、500円で購入。
試食したけど、おいしかったです。角砂糖より大きなブロックが袋に入ってます。
西表島産だそうです。
デューティフリーでもきれいな入れ物に入った黒糖売ってたけど、高くて悩んで買わなかった。
この値段なら、躊躇せずにかえます。
この黒砂糖、お勧めです。
市場に行って、売っていたら買うべし!!
そして、時間になりホテルに戻って荷物を取って、空港に向かいました。

那覇空港はゆいレールの終点なんで、すごい便利です。
成田や羽田でさえも、比べ物にならないぐらい便利だと思う。

空港でもお土産売り場はたくさんあり、買いそびれたちんすこう2箱と、急にほしくなったうみぶどうを購入。
Lccのターミナルでは、なぜかロイドの黒糖チョコを発見。
ロイドって北海道じゃなかったんだっけ?
黒糖に魅せられてしまった私としては、650円ぐらいなんでほしかったけど、ダイエットせねば!と いう事でぐっと我慢。
後は前に書いたLcc飛ばずのまき(http://0340.at.webry.info/201212/article_7.html)となるのであった。
そんなんだったら、もっとゆっくり観光したのに!!
もっといろんなとこ見たかった。
画像
国際道り近くに安宿をとり、夕食は昨日とおなし”ゆうなんぎい”に行きました。
沖縄民謡のレストランにも行ってみたかったんですが、クリスマス時期なんで特別ディナーだっだんで、あきらめました。
美味しい沖縄そばを食べてなかったんで、沖縄そばと豆腐を頼みました。
そば美味しかったですよ。
あやうく、昨日食べた沖縄そばのレベルと勘違いしたまま帰るところだった。
麺はうどんを少し硬くしたような丸麺でおいし~
スープは全部飲み干すほどでした。
Lccが飛ばなかったおかげで沖縄そばが食べれたんで、よしとしよう!!

で、翌日の朝は国際道りを散歩しました。お店のシャッターは閉まっていて、静かです。
ドトールでモーニングを食べてホテルに戻り、空港に向かいました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック